2018
8月 22
(水)
17:42
近くに新しい医院ができたっ( 一一)!
本文
近くに新しい医院ができた!

ちょっと想像してみてください!
近くに新しい医院ができました。綺麗で設備も充実していそうです。

正直、院長(経営者)として、このような状態は、気持ちが良く感じられることではありませんが、

このような時の院長先生の心理状態は、大きく次の二パターンにわかれるのではないかと思います。

一つ目は「どうしよう~、大丈夫かな~!?」(不安な状態)
二つ目は「あーそーなんだ。」(不安がない状態)

です。

この気持ちの差はいったいどこにあるのでしょうか?

答えは沢山あると思いますが、代表的なところとしては

「手もと現預金が潤沢であるかどうか」・「開業後の年数の長い・短い」・「新患者数についてのこの2~3年の推移」・「良いスタッフがそろっているかどうか」「良い設備があるかどうか」・「なんとなく」

などが挙げられると思いますが、

このような時に、改めて考えて欲しい事があります。

それは、

①現在、自院の特徴が明瞭に打ち出せているかどうか!?
②それが患者様に伝わって、来患の大多数が院長先生のイメージしている患者様であるかどうか!?

ということです。

この2点について胸をはってYESと返事ができるのであれば、新しい医院が近くにできても、怖くありません。

もっと、深堀すれば、

歯科医師という職業をとうして、どういうことを実現したいのか?(どんな世界を創りたいのか?)

ということが堂々と宣言できる状態であれば、何が起きても大丈夫です。(やや言い過ぎ感はありますが・・・)

とは言え、そこまでの状態になることは、なかなか難しいところもありますので、一つ取り組んでみて欲しいことがあります。

それは、院長先生の大好きな患者様を一人思い浮かべてみることです。

どんな性格で、どんな治療を行って、いくらくらいのお金をもらって、どのようなコミュニケーションをとっているのか?

そこに、ヒントが隠されています。

そのような大好きな患者様ばかりが来院してくれるには、どうしたら良いのか?

このような思考になれば、アンテナが立ちますので、色々な情報がキャッチしやすくなり、その為の具体的な行動を起こしやすいくなります。

近くに新しい歯科医院ができても、「うちは大丈夫だよ(^_-)-☆」と言える医院づくりのために、是非トライしてみてください。

税理士 前森
閲覧(1243)