2018
7月 30
(月)
17:59
自費率UPのために・・・!
本文
皆さんこんにちは!税理士の前森です。

我々の都合でブログを更新することができなくなり、誠に申し訳ございませんでした。

本日より、週1回のペースで再びブログを再開させていただきますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

本日は、自費率向上の2要素についてお話をいたします。

結論から申し上げますと、

自費率向上 = 自費診療への移行率 × 自費単価

となります。

自費診療への移行率 及び 自費単価 についてですが、結局は患者様に対してどのようなアプローチができているのか!?といったことがポイントになってきます。

アプローチのポイントですが、
 ①患者様の歯に対する過去の経験を知る(良い体験、悪い体験)
 ②患者様の現状を知る(現在の状況を客観的にお伝えして、気持ちを理解する)
 ③患者様の未来を予測し感じてもらう(良い未来、悪い未来)

シンプルですが、このステップで自費率は確実に増加します。

 ①(過去)については、「そうだったんですね~」といったような感じで、患者さまの気持ちに共感するのがポイントです。そう、患者様の気持ちの理解に努めましょう!

 ②(現状)については、丁寧に良い点、改善点を伝えていきましょう!納得感を得ていただくのがポイントになります!

 ③(未来)については、「このままいけば××になりますよ~」とマイナスの未来を提示しても悪くはないのですが、

おすすめは、「理想の口腔内になった時の状態や気持ち」を感じてもらうことです。そう、良い未来を感じてもらうのがポイントです。

特に②と③についてのお話ができれば、自費率はかならずUPします。そのためにはやはり「しっかりとお話をする時間を確保する」がキーポイントになってくると考えます。

スライドなどを利用すればさらに効果は高まりますので、是非トライしてみてください。

前森
閲覧(1736)